[ピンク色で華やぐ]お花見にピッタリの桜ネイル

画像引用元:https://www.beauty-co.jp/news/dbn/trend/DB007245/

桜の季節がやって来ました。
指先にも桜のモチーフや桜のカラーを取り入れたジェルネイルで、春気分を味わいたいもの。
春はお花見やデートなど外出する機会が多いので、指先のお洒落には気を使いたいですね。

お花見にぴったりの桜ネイルを楽しみたいなら、濃いめのピンクやローズカラーをベースにして白系の色で桜の模様を描くデザインがおすすめです。
「桜を描くのは難しいのでは?」と感じられるかもしれませんが、真ん中に点を打ち、その周辺に等間隔で5つの点を打って目安にすると描きやすいです。
更に花の中心部分に濃いめカラー(赤や黄色)でドット打って花粉を表現すると、手書きの絵がグッと引き締まりますね。

「花の模様が上手く描けない」とお悩みの方は桜シールを使う手があります。
シールを貼った場合は取れやすいので、トップコートを一度塗って硬化させたら、もう一度トップコートを塗って硬化させる""二度塗り""をしましょう。
こうするとシールが簡単に剥げません。この時、ベースコートも二度塗りするとさらに安心です。

他にもあらかじめティッシュの上に桜の花を描いておき、それを爪に転写する方法もあります。
この方法だと「桜を描くのに失敗した」なんて事はありません。
練習がてらティッシュの上に花の絵を描いてみて、上手く描けたものだけを転写してみてください。

桜のネイルシールだけではなく、ラインストーンやラメを効果的に使うと、さらに明るく華やかになります。
仕事でラメやラインストーンの多いデザインは浮いてしまいますが、お花見の席やプライベートな時間なら派手めのデザインでもOK!
ネイルシールやラインストーンを使って桜を表現してみましょう。

ピンクやローズなど桜をイメージ出来るカラージェルを2~3層に塗り分けて(きっちり塗り分ける必要はありません)、平筆でサッと同じ方向にぼかすと簡単にグラデーションが完成。
ラインストーンやラメが無くても、春や桜をイメージさせる指先が完成します。

[ふんわりパステル]ピクニックデートなら春色フラワーネイル

画像引用元:http://100nail.m4688.com/2018/02/18/flower-nail-2/

春はチューリップに桜、ネモフィラ、ペチュニアと一気にお花が満開になります。
春の花はピンクや淡いブルーなどパステルカラーを彷彿とさせる色も多く、春はふんわりパステルカラーのネイルが一押しです。

カラージェルにはパステルカラーも多いので、数種類揃えて「親指はピンク、人差し指は黄色、中指はグリーン」と塗り分けしてみると華やかに見えます。
チューリップやラベンダーなど、好きな花の色を参考にしながらジェルネイルの色を決めるのも良いですね。

春先に似合うカラフルなパステルカラーを選べば気分もアップ。
お出かけも多い季節なので、気軽にジェルオフできるシェラックネイルやウイークリーネイルで、その日の気分に合ったカラーやデザインを取り入れてみましょう!