[ペリッと簡単]1本であっという間に完成★

画像引用元:https://kakakumag.com/hobby/?id=10331

ジェルネイルを綺麗に施術するには、それなりの手順や工程が必要です。
自爪のサンディングや、カラージェルを綺麗に保つために必要なベースコートやトップコートを塗るなどの処理は、意外と面倒くさいもの。

時間に余裕がありじっくりセルフネイルが出来る時は良いのですが、家事や育児、仕事が忙しい時にジェルネイルを施すのは大変です。
さらにジェルオフするために必要な専用のリムーバーも必要ですし、ジェルオフする時に薬品で爪も傷みそうですよね。

ところが最近発売されたウィークリージェルは、そんな手間を一気に解消してくれる便利なジェルネイルです。
まず大きな特徴は、ベースコートもカラージェルもトップコートも1本で済ませられる事。
従来はベースコートを塗ってその上にカラージェル、さらにトップコートと何度も塗り分けをしなければなりませんでした。
そのたびに筆を使い分けなければならず、手間だと感じている方も多いはず。
ポリッシュ型だと筆の管理は必要ありませんが、塗り分けは面倒くさいものです。

ところがウィークリージェルはオールインワンなので、1本あればサッと施術が完了。
今までにかかっていたネイル時間が大幅に短縮できます。事前のサンディングも必要ないので手間いらず。
また、施術後はよほど指先を酷使したり故意にはがさなければ1週間前後ジェルが保持出来るので、綺麗な指先がずっと続きます。

時間のない方、すぐに施術したい方にウィークリージェルはぴったりです。

ジェルネイルに比べて耐久力とデザインの幅に欠ける

忙しい方でも手軽にネイルが楽しめるウィークリージェルですが、通常のジェルネイルに比べ、デメリットもあります。

通常のジェルネイルは施術の前にサンディングして下準備を整え、ベースコート~カラージェル~トップコートと何度も塗り分けを行いますが、この手間がジェルネイルの耐久性にも影響してきます。

ウィークリージェルは、その手間を省く代わりに耐久性に欠けるところがあります。
名前の通り、約1週間~10日前後の保持力を目安に作られており、通常のジェルネイルは3~4週間美しさが持続するのを考えると、耐久性の面ではどうしても劣ってしまいます。
ウィークリージェルは通常のジェルほどの硬さがないので、パーツを使ったデコレーションもモチが悪いです。

耐久性をUPさせるために、ウィークリージェルの上に市販のトップコートを別途塗って表面を保護されている方もいるそうですよ。
この時、硬化させるライトの種類には気を付けてください。
硬化しないと意味がありません。他メーカーのジェル使用は推奨されていないので、出来るだけライトとトップに塗るジェルのメーカーは合わせると良いでしょう。

通常のジェルネイルほどの硬さがない事と、まだそれほど多くのカラージェルが発売されていない事で、デザインの幅に欠けるのはデメリットです。